災害が起こった時でも安心できる

相手がどんな状態なのか心配な時は、声を聞くと安心できます。 ですが災害によって、電波回線が遮断されている可能性があります。 SNSは、インターネット回線を使っているので、災害時でも使える可能性が高いです。 SNSに搭載されている電話機能を使って、連絡を取りましょう。

家族や友人と連絡を取る

災害が起こった時は、電話が繋がりにくい状態になります。
家族と離れて暮らしていたり、遠く離れた地で暮らしている知り合いの安否が気になっている人は電話を使うでしょうが、なかなか繋がらないので焦りや怒りが大きくなります。
SNSを使えば、短時間で遠く離れた人とも連絡が取れます。
相手の身の安全を知るだけでなく、こちらの無事を伝えることもできるので、災害が起こった時はSNSを活用してください。
普段からSNSを使って自分の日常を投稿している人は多いと思います。

ですが災害時の投稿方法は、普段と少し勝手が異なります。
災害が起こった時は、調べる余裕もないかもしれません。
前もって災害の時にすぐ自分の状態と投稿したり、相手の情報を得たりするのか調べてください。
災害緊急用の電話を備えているSNSもあります。
普段は使えませんが、災害が起こって固定電話や携帯電話が繋がりにくい時に、SNSに搭載されている電話を使って相手と連絡を取れます。

電話だと直接話せるので、相手の無事を確認する時に便利です。
SNSはいろんなトラブルが起こると言われているので、利用するのが怖いと感じている人もいるでしょう。
ですが、情報を拡散することにも役立ちます。
被害の大きかった地域の情報を拡散することによって、早く救助に行けるかもしれません。
SNSは怖いものだという先入観を持たないで、万が一の事態が起こっても良いように災害の時の使いかたを把握しておきましょう。

文字で安否を伝えよう

電話がどうしても繋がらない時は、災害用に伝言板を使ってください。 SNSでは、伝言板を用意しています。 そこに自分が無事であることを書き込めば、相手が見た時に安心できます。 家族や知り合いの伝言があるかもしれないので、災害が起こった際はチェックしましょう。

SNSのメリットを有効活用しよう

SNSの大きなメリットは、発信した情報が遠くまで拡散されることです。 最初少ない規模でしか回っていなかった情報でも、フォロワーのフォロワーを通じて どんどん広まっていきます。 災害の情報をSNSで拡散することで、被災者を助けることができるかもしれません。